子供の食育の一環としてジャンクフードをやめてみたところ、何か食べるのが楽しくなった。

たまたま、kindleでダイエット本を読み漁っていたところ、「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割、食事9割」という本に出会った。

 

スポンサードリンク

 

 

詳細は割愛するが、この本は良い食事(栄養価が高い食べる価値のある食物)を少しづつ食べようといったことが書かれていて、特にジャンクフードは最も避けるべき食べ物であると書かれていた。

 

ちなみに、ジャンクフードというキーワードで調べてみると、ガラクタ、屑の意味であるらしいです。

ジャンクフード(英: junk foodとは、栄養価のバランスを著しく欠いた食品のこと。 高カロリー、高塩分だが、他の栄養素であるビタミンやミネラルや食物繊維があまり含まれない食べ物。「 ジャンクとは、英語で「がらくた」「屑」の意。

 

今まで、食に関しては外食が多いし、特にお菓子類についてはかなりフリーに食べていて、子供にも与えていた。

自分なりに食育に対して、色々調べていくうちに、

 

これはイカーーン!!!

 

となりまして、取り敢えず、自分を委員長とするジャンクフード没滅委員会を設置した。

 

というと、極端にすべてのお菓子を禁止する!! という極端な話になりがちなのだが、そんな無理しても続かないことは目に見えているので、お菓子は絶対的に禁止ではなく、原則禁止とした。

 

まずは、会社帰りにつまみとして良く買ってくる、ポテチだったりスナック菓子系の撲滅だ。いつも帰りにビールと一緒に買って、つまみとして食べてると子供達がよってきて、いつもあげていたのを基本やめることにした。(基本お菓子は買わない

あと、子供達のスナック菓子系も原則禁止にした。

 

 

そのスナック菓子の代わりとして、実は去年に近所をバイクでふらふらしてたらいいものを見つけて気になっている場所があったのであらためていってみた。

 

ぶどうの直売所!!(車で10分くらいの場所に葡萄園を見つけてしまったのである。

巨峰1kg 1200円(4房)

p_20160910_142416

 

いつも、コンビニとかでお菓子買うと、3,400円はすぐにいくので、それを考えたら安いものだ。

4房あると1日1房食べても4日、実際には1房も食べれないので、一週間くらいもつ。

何より驚いたのが、やはり採りたてってウマイのね。それもかなり美味しい。。

 

スポンサードリンク

 

タケ君も、ユキちゃんもブドウが大好きだ。

 

パパーブドウちょうだーーーーい!!タケ君4歳だから、ぶどう15個ね!!!

いや、4歳だから4個だろ、おまけで1個で、5個ね。(15個って意味わからん。。

 

ぱぱーぶどぅ?

はいはい、ユキちゃんは2歳だから2個ね。

ぶどぅーおいちいね!

はいはい、おいちぃね!

 

スポンサードリンク

 

なので、ここ一ヶ月くらいだが、毎週1kg買ってきて、みんなで食後や、おやつとして食べていて、やはり旬な時期に旬なものを食べるというのはとても幸せだなぁと思った。

 

一番の収穫は、果物って家族みんなで食べると笑顔になれる食べ物なんだなということを知ったこと。

最近は梨も美味しいし、もうそろそろミカンの季節なので楽しみです。

ちなみにここ一ヶ月くらいは子供達はジャンクフードを一切食べてないです、何かブドウが美味しすぎるのでスナック菓子に目が行かなくなったようです(作戦通り)

 

スポンサードリンク

四季のごちそう

 

と書いている矢先、

 

パパーブドウ全部食べちゃったあああ!!

なにぃいいいいいーーーーー!!!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA