ちょっとしたことで激怒する人たちは、少しでも良いから世の中の見方を再確認みるのはどうだろうか。

大人になってから気付いたことがあって、最近よく思うことがあります。

 

 

それは世の中には些細なことですぐ怒りの感情を爆発させる人が沢山いるっていうこと。

 

 

よく見かけるのが、通勤電車の中や、飲食店の中や、例えば歩いていてちょっとぶつかっただけで、恫喝しちゃったり、思いっきり睨んだり。最近世の中そんな人多いなと思いませんか。

 

 

この間も電車の中で、自分は花粉症なので、ちょっと鼻をすする時があったりするのですが、ちょっと鼻啜っただけで、汚い?って意志表示なのか露骨に舌打ちする人がいたり。

 

 

でもそっちの方を見たら速攻目をそらしちゃったり。(睨んだりはしてないですよ)
そんなんだったら、そういうことしなさんなと(笑)

 

 

なにが世の中そんなに気に入らないんだろうか。

 

 

自分はすべてにおいて完璧な存在で、自分を中心に世界は回っていて自分が少しでも気に入らないものは、徹底的に攻撃、排除したいのだろうか?

 

 

最近はよく、書籍でもテレビでも、自分の好きなように生きるべきだ、自分らしく生きるべき、そんな生き方がカッコ良いみたいな風潮になっているが、大きな勘違いしちゃっている人が多いのではないだろうか。

 

 

確かに自分の人生だから好きなように生きるべきだし、他人からとやかく言われる筋合いもないと思う。

 

 

ただそれは公の場で自分の好き勝手に振る舞ってよいとは違うと思います。

 

 

何故なら、人は完全な個人というのはあり得ない存在で、誰でも必ずなにかしらの社会に属していて、みんなもれなく誰かしらのお世話になっているはずだと思うんですよ。

 

 

例えば無人島とかで、自分以外の人が一切いない状況とかだったら好き勝手に振る舞っても良いと思いますが、そんな状況は通常有りえないですよね。

 

 

今きている服も誰かが作ったものだし、今日の朝食べたパンだって、どこかこおばちゃんが作ってくれたものかもしれないし、その靴は?通勤で乗った車のガソリンは?

 

 

今持っているスマホが快適にネットに繋がるのはどこかの誰かが24時間365日保守してくれているから。

 

 

たまたま訪れたサイトがとても自分にとってとても前向きな気持ちになれる良いサイトだったりして、それはどこかの誰かが書いてくれている。

 

 

みんな絶対どこかで、何かしら他人の世話になっているはず。

 

 

と、なると自分以外のみんなに対しては、いつもお世話になっております!

 

 

ってことなんだから、公の場で、みんなが沢山いる場所で、

 

 

そんな自分勝手に傍若無人なことして、周りに不愉快な思いをさせちゃって本当によいのでしょうか。

 

ブログランキングに参加中です。ポチっていただけるとありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA