初心者ファミリーキャンプ(家族4人でオートキャンプ)で、コールマンタフドーム3025を使用してみて、使用感と言うかレビュー的なもの。




ファミリーキャンプをしてみたくなったので、テントを色々と迷って、コールマンのタフドーム3025を買ってきました。

※画像を沢山見たい人は以下の記事もオススメです。

タフドームとスクリーンキャノピージョイントタープⅢをジョイントしてみたよ!

 

先日に茨城県のこもれびの森キャンプ場で、試し張りしてみたのでその時のレビューです。

#ちなみにここのキャンプ場市営なので、驚くほど値段が安いです。

 

まずファミリーキャンプや、オートキャンプで定番なのが、サイズ的に奥行きが50cmほど大きいコールマンタフワイドドームⅣ300かと思います。

一番メジャーというか無難といったところではないでしょうか。

 

あと、スノーピークのアメニティドームも選択肢に入るのではないでしょうか。

これはサイズがS、M、Lとあるので、お好みで選べるのと値段もリーブナブルだと思います。(スノーピークの商品って高額な商品が多いイメージですが、その中で安価な値段設定です)

またテントの色も落ち着いていて、良い感じです。

 

今回自分が購入したタフドーム(ワイドじゃないよ)は、縦(奥行き)250cmの幅が300cmです。

タフワイドドームは300cm の300cmなので、タフドームの方が50cmほどコンパクトなサイズです。

 

コンパクトというのは自分にとっては重要視しているところで、必要以上に大きいのを選んでしまうと、設営時に後悔します(笑)

 

コールマンタフドーム3025

(仕様)
●素材:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)耐水圧約2000mm、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/210Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)耐水圧約2000mm、ポール/(メイン)アルミ合金、約直径12.8mm(フロント)FRP合金/約直径12.7mm(リアバイザー)FRP合金/約直径8.5mm
●本体サイズ:約300×250×175(h)cm
●収納サイズ:約直径26×72cm
●定員:4~5人用
●重量:約10kg
●前・後室、キャノピー、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ランタンハンガー
●耐水圧:約2000mm
●付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース
●生産国:中国

ちなみに色違いもあります。赤というかエンジ色っぽいの。

 

他と違うのが好きな方は、色違いも良いかと思います。

 

自分はテントは出来るだけ目立たないほうが、落ち着くタイプなので自然に溶け込む色のグリーンを購入しました。

 

それで、これより一回り大きいコールマンタフワイドドームⅣ300はこんな感じです。

パット見た目同じかなと思いましたが、よくみると細かいところで違ったりするようです。

 

例えば生産国がタフドームは中国ですが、タフワイドドームはベトナムですね。
#タフドームが中国産だからと言って品質に問題があるようには感じられなかったです。普通に使えますのでご安心ください。

 

コールマンタフワイドドームⅣ

(仕様)
●素材:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)、ポール/(メイン)アルミ合金約直径14.5mm、(フロント)FRP約直径13mm、(リアバイザー)FRP約直径8.7mm、(リッジ)FRP約直径7mm
●使用サイズ:約300×300×185(h)cm
●収納サイズ:約直径25×75cm
●重量:約10.6kg
●定員:4~6人用
●耐水圧:約2000mm(フロア/約2000mm)
●仕様:前室、キャノピー、メッシュドア×2、ペンチレーション、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュポケット※キャノピーポールは別売りです(180cmが最適です)
●付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ
●原産国:ベトナム

 

 

スノーピークアメニティドーム

あとは、スノーピークアメニティドーム、これも選択肢に入るテントだと思います。

 

 

※自分はこれを買えばよかったと少し後悔してます。

その理由がコールマンのテントはキャンプ場で他の人かぶりまくるので、こちらにすればよかったかなと少し後悔。(色も落ちついていて格好いいですよね)

 

それで、今回購入したタフドームのサイズ感ですが、広さという意味では、自分の場合の大人2人と子供2人(4歳と1歳)ですが、十分すぎる広さですね。寝返りは余裕でうてるし、嫁さんは快適すぎるといっていました。

 

実際自分も快適すぎて一日中ゴロゴロできちゃうなぁ、と言った広さです。
ソロキャンプ用の山岳テントを持っていたりするのですが、この広さは驚愕ですね。

ソロキャンプ用のテントのレビュー

 

キャンプに来ているとは思えないほどの居住空間、快適すぎて笑っちゃいますね。
あと、このテントの特徴として、高さがかなりあります。タフドームで175cmありまして、これが快適な理由の一つだと思います。
高さがあるので、テントの出入りが立ったまま出入りできますし、中で普通に立つことができますし、寝た時に天井が高いので、圧迫感や息苦しさが無いのが良いですね。

 

ここまで広いと野外で過ごしていることを感じさせない、まさに部屋って感じです。

 

じゃあ次に設営するときの、設営のしやすさってところだと、これは大変ですね(笑)
大人一人でも、立てれるっちゃあ立てれますが、高さがある分大変ですね。
この日は無風だったので、なんとか立てれたのですが、風の強い日とか正直大人一人だと厳しいかもしれません。まぁなんとか気合でいけるとは思いますが大変かと。。

 

また、タフドームとタフワイドドームで高さが10cmワイドの方が高いのですが、設営にインパクトがあるかというとどうだろ。。

 

これはあまり変わらないかもしれませんね。。

 

あと、自分はコールマンのスクリーンキャノピージョイントタープ3も持っていて、タフドームと連結できるということなので、試してみてました。
設営時間は1人でやって1時間30分かかりました。
#一人でタフドームとジョイントタープを立てて、テントとタープを連結までして、この時間です。
一人で立てるの厳しいという点だと、スクリーンキャノピージョイントタープのほうがもっと厳しいかも。。風が強いとペグダウンするまでが大変です。。
ちなみに、スクリーンキャノピータープは一言でいうとお食事スペースのリビングルームのような役割をします。

 

地面がなくて、フルクローズ可能で、4面メッシュで風通しを良くもできます。
冬は温かいですし、我が家が購入を決めたのが、嫁さんが虫がイヤとのことで。。。なので、虫対策ですね。
外にテーブルと椅子で食事のほうが雰囲気でるんですが、なにぶん虫はイヤとのことなので、このタープの中で食べています。
これも立てるの大変だけど、快適そのものですね。テントと連結すると長期滞在も行けちゃう快適さですね。

 

スクリーンキャノピージョイントタープⅢ

 

●素材:タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、ポール/(メイン)FRP約直径12.5mm(コーナー)スチール約直径19mm(ジョイントフラップ)FRP約直径7.9mm
●本体サイズ:約320×340×215(h)cm
●収納サイズ:約直径23×82cm
●重量:約11.3kg
●ジョイントフラップ、キャノピー
●耐水圧:約1200mm
●付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ
●生産国:中国

 

で、このレビュー記事書いてて、アメニティドームも良かったなぁと少し後悔。
ただ、アメニティドームは高さが他と比べると少々低め150cmなので、テントに出入りする時に腰を曲げないといけないので、そこが許容できるのならアメニティドームは全然ありかと思います。
立てるのが大変だけど凄く快適なのはタフワイドドーム

 

それよりちょっとコンパクトなのが、タフドーム

 

これまた設営するのが大変だけど、たてたら超快適な、スクリーンキャノピージョイントタープ
立てるのはタフドームよりかは楽かもしれないが、天井は少し低め、でもその分風には強いから安心なのが、アメニティドーム
って感じでしょうか。

 

あと、大きいテントにするかコンパクトなのにするかは、いいとこ取りは出来ないので、これはトレードオフな関係ですね。

 

大きいテントは快適ですが、買ってから気づいたのですが、キャンプ場で場所を選びますので、そこも考慮に入れたほうがよいと思います。
それで、キャンプに行ったけど、全然写真とってなくて。。。その理由が4歳と1歳の子供連れてキャンプは大変でして。。。

 

ゆっくり自然の中で過ごすのを夢見ていたんですが、まったく無理~。
子供達大暴れ!
でも、長男は楽しかった〜と言ってくれたのでパパは救われた(笑)

2016/8/11にあらたにレビュー記事を追加しました。

タフドーム3025とスクリーンキャノピージョイントタープⅢとジョイントしていますよ。

タフドームとスクリーンキャノピージョイントタープⅢを連結してみた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA