駆け出しのサーバーエンジニアが最初に覚えるべきプラッドフォームはこれだ!

今からサーバーエンジニアになりたい人と、駆け出しのサーバーエンジニアの人へ


これからサーバーエンジニアを目指す人、または駆け出しサーバーエンジニアが絶対に抑える必要のあるプラッドフォームについて教えます。

 

これが今のサーバーインフラ業界のトレンドです。

 

 

時代は完全にクラウドに移行しました。


時代は完全にクラウドです。サーバーを購入してデータセンタで運用する時代は終わりました。

クラウドって何?をまず最初に理解することをお勧めします。

 

 

どのクラウドを勉強すべきか


AWS(アマゾンのクラウド)一択です。それ以外のクラウドは全部無視して構いません。

 

 

とかいいながら、マイクロソフトのAzureとかも良いって聞いたわよ


幻聴が聞こえているのですね、お薬を出しておきます。

 

 

と、とか言いながらGoogle Cloud Platformも良いって聞いたわよ!


やはり幻聴が聞こえているようなので、今日はお薬を多めに出しておきますね。

 

 

まとめ


ここ3,4年くらいの間に、サーバーを購入していた時代から、クラウド一択の時代になりました。

正直ここまで変わるとは思っていませんでした。

ハード、回線、置き場所の手配はすべてクラウド事業者が行ってくれるため、我々インフラエンジニアはその作業から解放されました。

 

AWSを知らない人のために、AWSとはアマゾンウェブサービスのことです。

皆さんがよく利用しているアマゾンのサイトは、このクラウドで動いています。

クラウドの世界ではこのAWSが最大勢力を誇っていて、規模、機能ともに完全に独走状態です。

 

あのGoogle様でも規模、機能ともにまったく敵わない状況です。

Google様でもまったく敵わないので、国産のクラウドの惨状たるや酷いものです。

近い将来AWS以外のクラウドは駆逐されるか、統合されるかの道を選択することになると思います。

 

また、最近はお客さんからAWSでお願いと指名されるくらい知名度も上がってきました。

これからはAWSを知らないとサーバエンジニアとしては食べていけないので、とにもかくにもAWSを勉強することをお勧めします。

 

AWS初心者のお勧めの書籍です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA