仕事を辞めたいと思った時は、今すぐ辞めると決断するべき。

37歳 ITドカタの実情


毎日毎日、来る日も来る日も残業。

毎日毎日、内容の薄い会議ばかり。

自分の仕事は18時からようやくできて、お決まりの終電コース

ヘロヘロになって家に帰って、寝るだけの生活にもうほとほと疲れ果て。

迫る納期と、消えないバグ、キレる客に積み上がる仕事

 

images

くくく。。

 

「これはもう笑うしかないぞ」ウフフ

 

さて、この状況をどうするか。。

 

 

絶望的な状況に起死回生の一手を考える。


うん、こんな会社もう辞めよう(まて)

その結論になるまで意外に時間がかかったけど、今度本当に辞めたいと思ったらスパッと辞める。そう心に決めた。

 

アップル創業者のスティーブジョブズも言っていたが、今日が人生最後の日だとして、今日の仕事は本当に自分がやるべき仕事なのかを、鏡の前で自問自答する必要があると言っていた。

 

その答えがNOであり、またそれが数週間続くのなら仕事を変えるべきだ。

 

まさにそのとおりだ。

人生は短い。何かをやりたいのなら、やりたい事に集中すべきだ。

 

ただ自分はジョブズほど行動力はあるわけもなく、只の凡人なので、今すぐスパッと辞める勇気もない。なのでワンクッション置くことに決めた。

 

要は何時でも辞めれるよって、懐刀を忍ばせることにした。

 

するとどうだろう、何か心がフワフワと心地がよい。

だって今後は、どうにも腹がたったら

「辞めます」キリッ!

で行けるのだから。

 

そう思うと、ニヤニヤが止まらない。

辞めてやるぞと意気込んでいたのに、これは予想外にも楽しいことになってきたぞ!

 

 

腹を括ると見えてくるものがある


するとどうだろう。

嫌になったらスパッと辞めると腹が決まると、今までちょっとしたことでイライラしたりストレスだったことが全く気にならなくなった。

 

その原因はたぶん、自分の中でなにかが変わった。

 

何かよくわからないけど、腹を括ったら何かが変わった 。

 

仕事に対しても周りに対しても、角度が出たというか、いろいろとキレてきた。

ちなみに仕事がキレてくると、 周りも自分も変わります。

具体的には仕事が楽しくなり、残業が苦にならなくなります。

もっと言うと、自分の成長が楽しい。

そうか、腹を括るというのはこういうことなのか!

37になってようやく気づいたぞ!

嫌々残業してたころよりは、格段に気持ちが楽になった。

 じゃあ会社辞める必要ないんじゃね?


いや、これは辞める。

今は楽しいんだけどね、もっと自分を磨ける環境に身を起きたい。

嫌々仕事していたときは、ネガティブな理由で辞めたいと思っていたのが、 ポジティブな理由で辞めることなった。

なもんで、もうちょい勤めたら辞めよう。

 

同じような悩みを抱えてる人は一度腹を括ることをお勧めする。 必ず自分の中でなにかがかわるから。

 

世の中は広いし無限の可能性に満ちている、そして人生は割と短い。

 

以上、ITドカタで人生折り返しを迎えた、37のおっさんの呟きでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA