ジェベル250xcのオイル交換

概要


久しくジェベルちゃんのオイルを交換していないので交換しました。

あんまり距離を走っていないけど(3000kmくらい?)だけど、多分1年くらい変えてないかも。。

写真は今年の夏に道志の森キャンプ場に行った時のものです。

 

まずはオイルをAmazonでポチる。


なにわともあれ、交換するオイルがないと始まらない。自分はHONDAの純正オイル使っていますが、粘度が合えば他のオイルでもokです。

ちなみに、ジェベル250xcのオイル交換はオイルフィルター交換無しの時で1100cc、オイルフィルター交換ありで1300ccです。すなわち1L缶だと、二缶必要です。

 

一応リンクも貼っておくとこれです。

 

 

早速作業


まず5分くらいエンジンをかけてオイルが落ちやすいようにします。(オイル抜くときにヤケドに注意してください)

アンダーガードにオイル交換用の穴が空いているので、そこからドレンボルトにアクセスします。

思いっきり錆びてる。。

ドレンボルト抜くとこんな感じで真っ黒のオイルがドバーッと出てきます。#1Lちょい出るので結構な量です。

あと、ドレンボルトと一緒にワッシャーも付いているので無くさないようにしましょう。

上記ですが、スーパーの袋に廃油を吸収するように適当に雑誌を破いて突っ込んでいます。

ここら辺きちんとやりたい人は廃油処理用のハコとかも売ってますね。

 

 

自分のジェベルはキック付きなので、少しシュコシュコやってあげるとオイルがよりきちんと落ちてくれます。

とはいえ全部は落ちきらないので、しばらく放置してきりのいいところで、またドレンボルトをつけます。

ドレンボルトをつけたあとは、オイルを注入するところから1100cc入れてあげてください。(メモリの付いているジョウロみたいな奴で入れてあげると楽です。ホームセンターとかで300円くらいで売っていると思います)

オイルを入れたあとはまたエンジンを動かして、エンジンを停止時にオイル確認窓でLとHの間に収まって入ればokです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA