ダンロップvs20を初心者ソロキャンプで使ってみて使用感というかレビュー的なもの

Dunlopvs20を買って初心者ソロキャンプで数回使いましたので、レビュー的なものを。

 

ということで、実は買ったのは二年くらい前なんですが、購入一発目の山行の槍ヶ岳で膝を故障してしまいまして…、実は山ではほとんど使っていません。

 

そのかわり、膝壊しているときに、何故かふと思い立ってバイクの中型免許を取りまして…、年に数回のキャンプツーリングに主に使用しています。

 

テントの重量はペグ、張り縄入れると確か1.8kgくらいなはずです。カタログはペグ、張り縄は入っていないので、1.69kgだったかと。

ダンロップVS20仕様

定価39000円

137406850623713100432_VS20

素 材 フライシート/30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)
インナーテント/30Dポリエステルリップ(通気撥水加工)
グランドシート/75Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)
ポール/DAC-7001S、張り綱/テクノーラ(アラミド)
サイズ 間口205×奥行120×高さ100cm ※サイズ詳細はこちら
収納サイズ 本体/25×ø15cm、ポール/37×ø5.4cm
重 量 約1.69kg ※重量表記はインナーテント+フライシート+ポールの実重量。
付属品 収納袋、フライシート、ペグ、張り綱
原産国 日本

 

 

雨天での使用は確か、一年間くらいに雲取山の雲取山荘で使用したときに、丁度台風がこれから来るぞっていうときの、大雨での使用でした。

 

風も結構吹いてましたが、全然余裕でしたね。

 

これは嵐がくる前……。

翌日大雨!!

2013-09-14 14.23.28

これは尾瀬にいったときに泊まりました、5月なのに雪が残ってました!

 

2014-05-05 17.52.25

 

これを買うにあたってやはり迷ったのが、アライテントのエアライズと、トレックライズですね。
エアライズ2

アライテント(ARAI TENT) エアライズ2(AIR RAIZ2) オレンジ 2人用 34224405

エアライズ2仕様

定価44000円

重 量
1550g(本体+フレーム+フライシート)
サイズ
設営時:間口130×奥行210×高さ105cm
収納時:本体30×15φcm、フレーム38cm
カラー
本体:クリーム
フライシート:オレンジ、フォレストグリーン
グランドシート・フレームスリーブ:チョコレート
素 材
本体:28dnリップストップナイロン(東レ『ファリーロ』中空糸)
フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング
シート:40dnナイロンタフタPUコーティング
フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

▲エアライズには全サイズとも「張り綱」「ペグ」「シームコート」「リペアチューブ(緊急フレーム補修用チューブ)」がセットされています。
▲エアライズの付属品(ペグ、張り綱)の重量は約200gです。

 

 

トレックライズ2

アライテント(ARAI TENT) トレックライズ2(TREK RAIZ2) 2~3人用 34224415

どっちも凄く良いテントで、テント場ではよく見かけるテントです。

トレックライズ2仕様

定価46500円

重 量
1460g
サイズ
設営時:間口210cm×奥行110cm×高さ105cm
(前室張出45cm)
収納時:30×φ14cm(42×φ14)
フレーム38cm
カラー
本体:クリーム
フライシート:フォレストグリーン
グランドシート:グレー
素 材
本体:28dnリップストップナイロン
(東レ「ファリーロ」中空糸使用)
フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング
シート:40dnナイロンタフタPUコーティング
フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

▲重量はテント本体とフライシート、フレームの合計、ペグ、張綱、スタッフバック等は含みません。
▲収納サイズはスカートをたたんだ状態でのもの、( )内はスタッフバッグのエクステンションスカートを延ばし、フレームをスタッフバッグ内に収納した状態での収納サイズです。
▲ トレックライズには全サイズとも「ペグ」「張り綱」「シームコート」「リペアスリーブ(緊急補修用チューブ)」がセットされています。
▲トレックライズの付属品(ペグ、張り綱)の重量は約200gです。
▲より良い防水性能を発揮するために、必ず付属の防水液「シームコート」による防水加工を取扱説明書に従って行なって下さい。

 

 

それで結局、最終的には人とあまりかぶらなくて、且つデザインで選び…、ビビッとカラーのDunlop Vs20にしました!

 

VS20

DUNLOP(ダンロップテント) 2人用コンパクト登山テント VS20 国内生産品 VS20

このテントの良さは軽さだけを追求したモデルではなく、耐久性を持たせつつ…軽さをってモデルなので、安心感が抜群ですね。

実際に、底に使われている生地などは、トレックライズとかと比べて厚い生地が採用されていますね。

 

なので、これさえあればどこでも野宿できちゃうし、ちなみに設営もめちゃくちゃ簡単です。

 

最近ファミリーキャンプで、コールマンのタフドームとか設営しているので、あらためて山岳テントの軽さと設営の簡単さに驚愕している今日このごろ……。

その時の記事→タフドームとスクリーンキャノピージョイントタープⅢを連結してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA