Google AdSenseの審査に通らないの助けて!

Amazonアソシエイトに続き、今度はグーグルアドセンスを申請してみた。

 

で、サクッといけるかなと思ったら通らない。

 

申請自体はグーグルアドセンスのサイトから簡単にできます。※gmailアカウントが必要

 

申請時に一つ注意があるとしたら、サブドメインで申請が出来ないことです。

 

なので、このブログも元々は

http://blog.sousuke1.con

とサブドメインだったものを、以下のURLでも参照出来るように設定を変更して対応しました。

※地味に面倒な作業でした…。

アフター

http://sousuke.com

 

審査は一次審査と、二次審査があり、一次審査はシステム的にパパッと審査しているようで、サクッと受かりました。

 

それで問題が二次審査でして、申請したのが三日前くらいですが、何の音沙汰も無し…。

 

そんな感じなので、グーグル先生にお伺いをたてまして、「google AdSense 受からない」っと。

 

っターーン!!

 

調べてみると、問い合わせフォームを設置するとか、画像の添付、記事のコピペは駄目だよとか色々あるのですが、その中で非常にためになった記事がありました。

 

googleがブログの管理者向けに、良いサイトとはこういうものだよ、という指針を公開しているということを知りまして、以下で現在も公開されています。

良質なサイトを作るためのアドバイス

 

 

上記の記事を読んでみて、自分は以下のように解釈しました。

 

「サイトの内容は本当にユーザーの為になる内容なのか」

「サイトの情報は、ユーザーの利便性を考慮された構成になっているか」

「記事の内容がただ単に感想を述べるだけではなく、読み手に新たな価値を与える、洞察に富んだ内容であるか」

 

これらについて、googleは常に自問しながら検索の仕組みを作っているし、サイトの管理者にも、このことを意識して記事を書いてほしいと、googleは考えているようです。

 

 

まぁ、一言でいうと、

「アナタは本気でサイトをやってるの?」

と、問われているんだなと自分は受け止めました。

 

 

※詳細が気になる人は詳しくは上記のリンクを見て頂ければgoogleって真面目に考えているんだなと思うはず。

 

自分もブログを始めて3ヶ月目くらいですが、その間深く何も考えずにクソ記事(笑)を連発していましたが、一旦立ち止まって、改めてユーザーの利便性を考え、サイトを見直そうと思いました。

 

まずは著作権的に怪しいものは、削除かな…。

その次にユーザ目線にたった記事を心掛けようかと。

って、これから着手です。

 

 

んで、肝心のグーグルアドセンスは未だに審査受かってないです(笑)

 

記事にスポンサードリンクって文字があると思いますが、そのしたの何もない広告がアドセンスです。審査が受かるとそのに広告が表示されるようになるみたいです。

 

記事の品質を高めつつ、グーグル様からの承認をのんびり待つことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA