ファイントラックのドラウトセンサーを使用してみて、使用感と言うかレビュー的なもの。

4582178248959

2,3年くらい前に購入したfinetrackのドラウトセンサーの使用感というかレビュー的なものです。

 

ファイントラックって何の会社?というと、日本のメーカーで主に登山用品を開発販売している会社です。

外部サイト ファイントラック

と聞くとなんだ、普通の山道具を作っている企業なのかと思いきや、他の企業にはない革新的で尖った山道具を作っている会社なんです。

 

この会社の道具を作るときの理念が、自分には心に刺ささり、それ以来このメーカーのファンになりました。

その理念というのが、「山岳ウェアは命を守るギアでなければならない」

ファッションじゃないよ、ギアだよと。

 

非常にシンプルですよね。

 

で、じゃあデザインは捨てているのか?って、ダサいかと言われると、そんなことは全然なくて、機能や性能って研ぎ澄まされると、そこには美しさが宿るんですね、機能美ってやつですね。

他でもそうなんですが、車でも、バイクでも、自転車でも、究極的に機能を突き詰めたものって、自然と無駄なものが無くなり、そこには一切無駄のない、ナチュラルな美しさが宿るものです。

 

このメーカもそんな路線です。要はガチな山道具屋さんです。

なので、自分は凄く好きなメーカーです。

ただ、お値段高いんですけどね(笑)

 

買いたいけど、買えない。でも物は圧倒的にいいです。

この手の高機能系ウェアを一回着ると、普通のショップで買う普段着が着れなくなりますね。。

 

何故なら本当にとてつもなく快適なんですね。

このドラウトクローは立体裁断が秀逸で、両肩の動きを一切妨げない、感覚としては服着てないような感覚。腕を動かす動作を一切妨げない。=ストレスを感じない=疲れにくい

これは大袈裟ではなく、本当にそんな感じでとにかく着心地が楽なんです。

 

あ、ちなみにドラウトセンサーは、ファイントラックではミッドレイヤ(中間着でレイヤー3)の位置づけです。つまりこれ一つで冬耐えれるかというとそうではなくて、秋口くらいまでのアウターになります。

それ以降は、もう一枚レイヤー4 or 5のアウターを着てねって位置づけです。

 

あと、特徴的なところだと、行動していて暑くなったときにすぐクールダウンできるように、ポケットの位置に空気を循環させる穴がついてます。チャックで開閉可能です。

この機能で、しょっちゅう脱ぎ着するのを防いで、常に来たままでokという状態にしてくれます。これがまた楽です。

ポケットは胸に一つついています。ただこのポケットはあまり使いドコロがないかも?

汗も強烈に吸い上げて拡散してくれるので、汗でベタつくようなことがないですし、少々の雨なら弾いてしまいます。

 

この企業はメイドインジャパンに拘っていて、日本の繊維技術じゃないと作れないようなギアをたくさん作っています。これもその一つです。

冷静に考えて、日本の繊維技術の最先端の機能を享受できると思えば、この値段も高くないですね。むしろ安いかも?#洗脳されている?(笑)

 

ちなみに、自分のドラウトクローは、あまりに酷使しすぎて、結構ボロボロになっちゃいました。。でもまぁ元はとったか。。

たぶん買えるタイミングがきたらまた買うと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA